引越し費用を安くする技

引越しは何度経験しても手間取ったり、手順がわからなかったりするものです。何と言っても費用はなるべく抑えたいという時には、どのような工夫が必要なのでしょう。自分で出来る事を知って手頃な価格で引越しをしましょう。

賃貸物件の初期費用あれこれ

賃貸物件を契約する際には、様々なお金が必要となります。どのお金がどういったものに使われるのかを把握すると、物件の手入れ具合など細かい事がわかる事もあるのです。どのような費用が必要になるのか把握しておきましょう。

敷金・礼金はどう使われるの?

初期費用でよく請求される敷金は預かり金です。何かトラブルがあったときにオーナーがそこからお金を徴収していき、退去するときに残っていれば返還してもらえるという仕組みになっています。例えば家賃の滞納が…

もっと詳しく

不動産会社はどのくらい費用を取るのが普通?

不動産会社が賃貸物件の仲介をしたときにはどのくらいの費用を徴収するのでしょうか。実は不動産会社が得られる報酬は仲介手数料だけです。法律によって仲介手数料の上限が定められていて、契約された物件の家賃…

もっと詳しく

新築物件が多い!帯広の賃貸

帯広の賃貸を探してみると、比較的新築物件が多いのがわかります。間取りとしては、4LDKなどの大きな間取りが多いです。

わからない項目の費用があったときには

率直に不動産会社に聞いてみよう

賃貸物件を初めて借りるときには様々な専門用語が出てきて内容がわからないこともよくあります。また、以前に契約した経験があったとしても、契約書や請求書を見てみると今まで見たこともない項目があることもあるでしょう。そのようなときに必要な費用だから仕方ないと考えて内容を理解しないで済ませてしまうと後から後悔してしまうかもしれません。契約をするからには内容は全て理解するという気持ちで臨みましょう。わからないことがあったら不動産会社に率直に聞いてみるのがベストです。不動産会社としても後から文句を言われて風評被害を受けるわけにはいかないので、分かるまで丁寧に説明してくれます。それもサービスの一環なのでまずは質問してみましょう。

不要だと思ったら交渉してみよう

意味不明だった請求項目の内容がわかり、確かに払わなければならない費用だと感じたらそれで問題はありません。しかし、本当に払う必要があるのかという疑問符が出てきたら、また率直に聞いてみましょう。そして、本当に払う必要がなさそうだと思ったら交渉してみるのが大切です。例えば、礼金は基本的にはオーナーに対するお礼のお金ですが、ずっと空室だった部屋に入るというときなら礼金は不要ではないかと考えるのももっともなことでしょう。実際に礼金交渉をして減らしたり、ゼロにしたりするのに成功している事例もあります。この他にも敷金がとても高かったり、鍵交換代やクリーニング代がかかっているときなども交渉してみる価値があるでしょう。

© Copyright Best Leasing. All Rights Reserved.